閉じる
次へ
前へ
  • プロジェクトマネージャー

  • 出身校

    /東京理科大学 理工学部

  • 出身地

    /栃木県

部長職に抜擢、自分だから出来ることを実践したい

金融系のシステムを取り扱う部署の部長として、複数のプロジェクト管理とともに所属部員の管理を行っています。
昨年より部長職に就任したのですが、話をいただいたときは正直驚きました。就任先の部署は若手社員が多く、ここでの経験が彼たちの今後の3年後、5年後にも影響するわけですから、責任は重大だと感じたのです。しかし、部長を任されたからには、今の自分だからこそできることをしっかり行おうと覚悟を決めました。
今後の目標は、新たなビジネス領域を開拓する先導役を担うこと。現存の新規システム開発にとどまらず、クラウドやセキュリティ、AI(Deep Learning)等の技術も磨いて、金融業務×技術を持ち合わせた組織運営を行っていたいと思っています。

メンバーが成長するために、チャレンジの機会を提供する

私の重要なミッションの1つは、メンバーの育成です。社内重要案件の一つである政府系金融機関の基幹業務システム構築案件のプロジェクトマネージャーも担当し、メンバーの育成を行っています。若手社員や中堅社員に寄り添って、私が今まで経験した開発工程のノウハウを伝え、メンバーが成長できるよう日々教育しています。
時には、その人の保有スキルより少し難しい業務を任せることもありますが、それは一人前のエンジニアに成長するために必要な強さを学んでほしいと思っているから。もちろん、一人で抱え込まないようにサポート体制は整えています。その中で、何をしたらいいか試行錯誤しながら自ら行動できるように変わっていくメンバーの成長の様子を見ると嬉しく感じます。
社員の成長は企業の成長でもありますので、会社への貢献を実感できるという意味でも、今の役割にはやりがいと誇りを感じています。

「プロの仕事」評価するのはお客様

入社5年目のときに担当していたプロジェクトの打合せで、お客様に「我々の金融業務を全然理解できていない。」と言われてしまったことがあります。自分なりに金融知識は身につけていたつもりだったのでショックも大きく、それから金融業務を理解するために、更に必死で勉強しました。お客様も私をすぐには見放さず「当社の新人教育資料を送るので、一から勉強し直して来てください。」と金融業務を学び直す機会を与えて戴き、その後は徐々にお客様から信頼を頂けるようになりました。
「プロの仕事」か「アマチュアの仕事」か、を評価するのはいつだってお客様です。部員たちにも大なり小なり常に自分の仕事に自身と誇りを持って、「プロの仕事」が出来るエンジニアに成長していって欲しいと思っています。