閉じる
次へ
前へ
  • ITアーキテクト

  • 出身校

    /九州産業大学 工学部

  • 出身地

    /鹿児島県

エンジニアのために、新しい技術を研究開発

私はITアーキテクトの業務の1つとして、新しいITテクノロジーの技術研究を行っています。
新しい技術を研究し、『実際の開発で活用できる』『トレンドによって必要だ』と判断した場合、社内セミナー開催などを行って、技術情報の発信を行っています。
元来新しい技術や仕組みに興味があってエンジニアを志望したので、いち早く新しいテクノロジーに触れることができるこの仕事にはとてもやりがいを感じています。
この業界を志し就活の武器にしたいと基本情報技術者資格を取得した大学生の頃も必死で勉強しましたが、入社してからも日々勉強。自分は技術が好きなのだなあと改めて思いますね。

難しい技術課題を解決し、顧客の期待に応える

ITアーキテクトとしてのもう1つの業務は、開発プロジェクトで使われる、大規模な業務アプリケーションを支えるプラットフォーム開発と技術支援です。
どんな開発案件でも、より良いシステムを作りたいというエンジニアの気持ちは同じもの。そんな人たちを技術的にサポートするのが私たちの役割なので、「開発してくれたツールを使ったら、システムの品質が上がったよ。ありがとう。」など労いの言葉をもらうと仕事に対するモチベーションはとても上がります。
また、あるプロジェクトで、解決に難航している技術課題があると相談された時には、私たちが解析を行い、対応案を提示し解決することもありました。そこでの功績が認められ、そのお客様からは他の案件もお任せしたいと更なる信頼を得ることもできました。
このようにお客様のシステム開発の生産性や品質向上に大きく貢献できたときは大きな達成感があります。

技術力だけではなく、コミュニケーションスキルも伸ばす環境を作る

新しい技術を研究開発することが私のプロジェクトの仕事ですが、新しい技術はすぐに使えるとは限りません。しかし、その知識の蓄積が必要であること、技術情報を発信する際には分かりやすく伝えられることが重要だということをメンバーには常に話しています。
新しい技術を発信する相手は、その技術について知らない人がほとんどなので、誰が聞いても分かりやすく伝える力が求められます。そのため、メンバーには、社内で実施されているコミュニケーションスキルを磨く研修に積極的に参加してもらっています。研修後に見違えるほどプレゼンがうまくなっている姿を見ると、嬉しく感じますね。
これからも、技術力だけでなく、新しい技術を沢山の人が使いたいと思えるような伝え方ができる人材を育てていきたいですね。