閉じる
次へ
前へ
  • システムエンジニア

  • 出身校

    /広島市立大学大学院 情報科学研究科

  • 出身地

    /広島県

リーダーの経験を積んで将来はプロジェクトマネージャーへ

現在、大手銀行向けの流動性管理システムの保守・エンハンスを行うプロジェクトで、設計・実装・テストを担当しています。入社1年目から今のシステムに関わっており、最近チームリーダーも任されるようになりました。このように、当社は若手でもどんどんチームを任せてもらえる風土があります。
先輩の仕事ぶりを参考にしながら、メンバーの進捗状況はどうなっているのか、業務が遅れた場合にどのようにリカバリーすればいいのかなど、全体の状況をみて判断するよう心がけています。
チームリーダーとしてマネジメントの経験を積み重ね、将来的にはプロジェクトマネージャーとしてプロジェクト全体を引っ張る存在になるのが今の目標です。

「個」から「チーム」へ 意識の変化

仕事としてプログラミングをするようになって、学生時代と大きな違いを感じたのはシステム開発への取り組み方でした。
まだ新人の頃、テストのためのモジュール修正を任され、修正内容の説明を受けました。しかし、修正の意図を確認せず自己判断をしてしまい、モジュール修正をミスし、結果としてチーム全体の作業遅延を引き起こしてしまったことがありました。
学生時代のプログラミングはあくまで「個」がベース。自分のペースで好きにやれば良かったのですが、入社してからは「チーム」として仕事をすることが重要になってきます。自分一人の力では大規模なシステムは動かせません。チーム全体でいかに情報共有し役割分担するかがプロジェクト成功の鍵だと感じています。

プロのエンジニアを育てる環境がここに

私の考えるプロのエンジニアとは、知識獲得に貪欲に取り組み続けられる人。
IT業界は技術の進化が日進月歩で、新しい技術にもどんどん興味を持っていくことが必要です。そのため、お客様から信頼されるエンジニアとなるには、新規・既存問わず常に勉強していく姿勢が重要です。
当社は教育制度が充実しており、プロのエンジニアへの成長を手助けしてくれる会社でもあります。入社してから1年間に及ぶ新入社員研修から始まり、配属後は自分の目指す方向性に合わせて社内研修で知識を身につけることができています。
また、プロのエンジニアとしての意識の高い社員が多く、社員同士で技術情報を共有するセミナーなどもあり、お互いに切磋琢磨し合っています。
ここでなら、私もプロのエンジニアとして成長し続けられると実感しています。