閉じる
次へ
前へ
  • プログラマ

  • 出身校

    /千葉工業大学大学院 情報科学研究科

  • 出身地

    /千葉県

若手でもチャレンジできる環境を生かして

現在、クラウドアプリケーション開発を行っている部署に所属しています。現在携わっている開発案件では、実装業務からテスト業務までを担当しています。
私のように若手であっても業務をどんどん任せてくれるので、自分の技術力を伸ばせる環境であると実感しています。様々な業務を任せていただける分、新しい技術やツールに触れる機会も多くあり、エンジニアとしてとても刺激的な毎日です。このような環境を生かし、新しいことを積極的に身に付け、技術面でお客様から安心して任せていただけるようなエンジニアになることが目標です。

失敗から学んだチーム力

新入社員研修中の開発演習課題で、リーダーを務めました。それまでリーダー経験があまりなかった私は、肩に力が入りすぎて1人で考えて決定してしまい、チームがバラバラになる危機に直面しました。研修が進むにつれ、1人で考え込まずにチームで話し合うことの大切さを学ぶことが出来たので、チームメンバーに助けてもらいながら、なんとか課題を完成させることが出来ました。
ここで学んだチーム力は、配属された今、大いに生かされています。エンジニアの仕事は、チームが1つとならなければプロジェクト成功には導けません。当時は大変だったけれど、良い意味で忘れられない失敗となりました。

社員交流の盛んな会社

同期や先輩たちとのコミュニケーションは入社時から大切にしています。
当社は活動費が補助されるクラブ・同好会制度があり、社員同士の交流がとても盛んです。ちなみに私はサバイバルゲームの同好会に所属しています。結成して3年目と、同好会の中では比較的新しいということもあり、若手社員が多く所属しているので情報交換の場としても活動を楽しんでいます。また活動をきっかけに新しい人脈ができて、社内外問わず様々な人とコミュニケーションを取ることも勉強になっています。
仲間を募れば新しいクラブ同好会を作ることも可能で、部署を横断して社員と交流ができる自由な雰囲気も当社の魅力です。