PAGE TOP

ISIDインターテクノロジー 新卒採用サイト

MENU
ENTRY

  • 2009年入社/一児のママ
  • コミュニケーションITソリューション
  • 東洋大学 経営学部 経営学科
  • 東京都
  • システムエンジニア
  • チームリーダー
  • 2011年入社/一児のママ
  • コミュニケーションITソリューション
  • 熊本県立大学 総合管理学部
  • 熊本県
  • システムエンジニア

先輩から将来の成長した自分が想像できる会社

ITは今や生活全般を支えるインフラですよね。私は社会に必要なものに関わりたいと考えて、IT業界を志望しました。就職活動時、当社の説明会で地方出身の先輩がたくさん活躍していると知って、「きっと私もやっていける」と思ったことを覚えています。入社前に抱いていたイメージとギャップを感じたのは残業が少ないこと。恵まれた環境のなかエンジニア経験を高め、結婚・出産も体験しました。

私も同じような志望動機でした。世の中やクライアントの課題をシステムで解決し、設計から導入までずっと見届けたいとエンジニアを志しました。そして就職活動するなかで、当社で出身大学が同じでバックボーンも似ている女性エンジニアと出会ったのです。女性が安心して長く働ける会社だと知って、私もここで働きたいと思いました。

結婚・出産後も輝き続けられるエンジニアの仕事

産休中は、復職後にちゃんと仕事ができるだろうかという不安もありましたが、産休前と同じ部署・案件に復職ということもあり、チームメンバーに色々サポートいただきながら仕事に復帰する事が出来ました。産休前と同じようにエンジニアを続けられて嬉しく思います。
プログラミングやマネジメントといったスキルが身に付いて、成長の手応えが大きいことにも魅力を感じますし、自分のつくったものが動き、誰かの役に立っていることに喜びを感じます。

私も産休前と同じ部署に復職し、基幹システムの保守改善案件を担当しています。復職後にはリーダーを任され、チームメンバーのマネジメントや指導、お客様との調整が主な役割です。最初の頃は時短勤務で早く帰ることから、メンバーとのコミュニケーション方法に試行錯誤するときもありましたが、ルールを決めて過ごすうちに、円滑にコミュニケーションが働くようになりました。
残業できない分、効率の良い仕事ができるよう心掛けていますし、上司・仲間の理解とサポートがあって、ママとリーダーが両立できていると感じています。これからも、こんな私でも仕事と家庭の両立ができるよ!を、後輩に見せていきたいですね。

仕事・プライベートを両立させる各種制度と周囲の理解

当社は上司やメンバーがお互いに自然と手を差し伸べあえる環境がありますよね。私の働き方を上司や後輩が理解してくれて、サポートしてくれる環境なので本当に助かっています。たまに残業した時も気にかけてくれるので、その一言だけでも仕事の励みになっています。また、今も夫と育児や家事は分担していますが、今後は<テレワーク制度>や<ベビーシッター制度>を活用しながら、もっと効率的に、自分の気持ちに余裕を持ちながら働けるよう計画中です。

今は時短勤務で働いていますが、作業の優先順位を強く意識するようになりましたね。以前は、最後まで自分で何とかしようしていましたが、今は働ける時間が限られているため、納期に間に合わなそうと判断したときは人に頼るようにしています。
また、常に向上心を持ちながら仕事をしています。今、クラウド型CRMを用いたシステム開発をしているのですが、スキルアップを目的に認定試験に臨んで、見事合格!仕事へのモチベーションも上がっています。

1日のスケジュール

   
05:00
起床
朝食と夕食を一気に準備するため早起きです→洗濯(干すのは夫が担当)
→連絡帳の記入や保育園準備。空いた時間にニュースを見たり、本を読んだりしています
06:30
夫・息子と一緒に朝食
07:40
出発
08:50
出社
09:00
業務開始
デスクでの作業が中心です。必要に応じて打ち合わせに参加します。
主に改善案件の事前調査など頭を使う系の仕事やレビューを行います。
12:00
ランチ
13:00
午後の作業
お腹いっぱいで頭が回らないことも考慮し、重要なアウトプット作業はAMに済ませています。
17:00
退社
水曜日は定例会議で17:30退社のため、延長保育を利用しています。
17:50
保育園お迎え
18:10
帰宅
怒涛の家事と育児をこなして21:30頃息子と一緒に就寝
   

復職時当初、帰宅後の調理がストレスだったため、今は朝早起きして夕飯の支度をしています。また、帰宅後は1日最低でも15分、何も作業をせず子供と向き合う時間を作るようにしています。

   
06:30
起床
私が起きると子供も起きてしまうため、我が家は家族全員一緒に起きます。
07:50
出発
09:00
出社
朝一で案件の進捗状況を確認し、その日1日の大まかなスケジュールを立てます。
今は16時までの時短勤務なのですが、私の退社後に案件状況が動く事も多いため、現在の状況をしっかり把握するよう心掛けています。
12:00
お昼休み
同僚とランチに行ったりします。
13:00
午後の業務
顧客から対応依頼が来たタイミングで対応を実施するため、午後に作業が集中することも多いです。
16時の退社までに間に合わない要件の場合はチームメンバーに引継ぎをお願いするのですが、○○の作業をお願いしますだけでなく、対応内容の概要や手順、注意点などを伝えるようにしています。
16:00
退社
16:45
保育園お迎え
その日あった事を子供とお話ししながら帰っています。
17:45
帰宅
お風呂&夕食&子供と遊ぶ
21:00
子供就寝
子どもが寝た後に、洗濯や保育園の準備をします。
22:00
自由時間
家事が順調に終わった日は自由時間がとれます。試験勉強の時間に充てたり、本を読んだりします。
24時までには就寝します。
   

仕事でも子育てでも臨機応変に対応できるように心掛けています。

パパコラム(一児のパパ)

会社の福利厚生も充実していますよね。社員と家族がテーマパークで楽しむ〈ISIDグループファミリーデー〉は毎年家族が楽しみにしており、参加しています。他にも〈えらべる倶楽部〉で様々な施設やテーマパークの補助があるので、有効に活用しながら余暇を楽しんでいますよ。

パパコラム(二児のパパ)

私自身では特別なことをしているという感覚はありませんが、妻も働いているので家事や子育ては妻と分担しています。当社は子育てに理解のある人が多く、有給もしっかり取れる環境にあるので、妻が仕事を休めないときは、私が「子の看護休暇」を利用して子どもの看病をすることもあります。
また、早く帰宅したときは、子どもとの時間を大切に過ごしています。子どもとのさりげない会話や笑顔は仕事への活力になりますね。当社には、男性も仕事と子育てが両立できる環境が整っています。