PAGE TOP

ISIDインターテクノロジー 新卒採用サイト

MENU
ENTRY

  • 2003年入社
  • ビジネスソリューション
  • 首都大学東京 システムデザイン学部
  • 神奈川県
  • プロジェクトマネージャー
  • 2003年入社
  • 金融ソリューション
  • 東京理科大学 理工学部
  • 栃木県
  • プロジェクトマネージャー

電気工学を専攻。プログラミングはほぼ経験なし。

学生時代

大学で経営工学を専攻。プログラミングは必修科目で触れた程度。

広告代理店社内システム更改プロジェクトのフェーズ1開発にプログラマーとして参画。素敵なリーダに出会い、もちろんフォローしていただきつつもある程度仕事を任せてもらえた。今でも目指したいリーダ像はその人。

入社1年目

広告代理店向けテレビ広告管理システムの保守・エンハンスチームに配属。「先進的保守」を合言葉に、厳しくも優しい先輩方にフォロー頂きながらシステムエンジニアの仕事の楽しさとやりがい、仕事の厳しさと難しさを学ぶ。

システムが完成し、保守フェーズへ。小さいチームながらリーダを担当。目指すはあの人。

2年目

広告代理店社内システム更改プロジェクトのフェーズ3開発に設計担当として参画。エンドユーザの怖ーい部長様に愛のムチを頂く日々。

3年目

金融機関向け外為業務システム構築プロジェクトに参画。初めての客先常駐を経験。超大規模プロジェクトを推進するスーパーエンジニアたちとの力の差を痛感して愕然。ユーティリティなエンジニアを目指すことを決意。

広告代理店社内システム更改プロジェクト無事リリース。リリース後は保守チームのマネージメントを担当。社内外との窓口となり、コミュニケーションを重視するようになる。

5年目

金融機関向け収益管理システム構築プロジェクトのリーダを担当。銀行のフロント・ミドル・バック業務等の知識全般が求められる中で、学生時代よりも猛勉強。後の自身の強みとなるベーススキルを習得。

広告代理店社内システム再更改プロジェクトのプロジェクトのマネージャーを担当するも、大規模プロジェクトの推進に苦戦し試練の時を迎える。当社で初となる中国を活用したオフショア開発を経験。

10年目

広告代理店の社内システム再構築プロジェクトに緊急参画。自身初のオフショア開発リーダーとして、約80名のチームマネジメントを担当。中国企業の開発力は想像以上にレベルが高い現実に衝撃を受ける。

オフショア開発先の中国へ2か月出張。これまでの開発手法との違い・言語の壁・文化の違いに苦戦し、出張当初はストレスフルな毎日だったが、状況を打開すべく積極的に懐に飛び込むことで一体感を醸成できた。

11年目

広告代理店社内システム再更改プロジェクトが無事リリース。その後、インターネット広告管理システム構築プロジェクトのリーダを担当。

12年目

統括リーダーとして、複数のプロジェクト管理とともに金融機関向け製品開発プロジェクトに参画。初めての若手・中堅社員のキャリア形成指導に四苦八苦するも、上長のアドバイスを受けながら組織マネージメントの基本を学ぶ。

要件定義が終わり基本設計に入るも、要件定義の見直しと基本設計の修正が並行し長期に渡り仕様が固まらない状態に。粘り強く対応することで乗り切ったものの、要件をコミットすることの重要さを痛感。

13年目

部長として所属部員の管理とともに自身でも基幹業務システム構築プロジェクトのプロジェクトマネージャーも担当。初めてのフレームワーク開発などが影響し、開発作業は山あり谷ありな状況が続いたものの、何とか無事にプロジェクト完遂。

オフショア開発先の中国へ4か月出張。前回とは違う企業だが、前回の経験を活かし中国人と間違われるほど溶け込むことができた。社内的には統括リーダーの職を拝命する。

14年目

入社以来携わってきた広告代理店業務を離れ、航空業界へ文字通り羽ばたく。航空会社新システム構築プロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。業務内容・人間関係が一新され、初心に返って業務に励む。

15年目

外的環境の変化を強く意識し、新しいビジネスモデルを探るために、ローコード開発プラットフォームを利用した超高速開発案件に飛び込みAgile開発を経験。顧客要求に応えるスピードの大切さを再確認。

17年目

新たに大規模システム開発プロジェクトのプロジェクトマネージャを担当。次の世代のプロジェクトマネージャーを育成する傍ら、将来的に自分自身の心が満たせるような事業を立ち上げることを目標に、アイデアと企画を練ることに奮闘中。

年表をすべて開く

年表を閉じる

現在のお仕事を詳しく教えて下さい

航空会社の航空券予約システムを主に担当し、その他、乗務員管理システム・チェックインカウンター用システム・運行管理システムなどにも携わっています。
プロジェクトマネージャーとして、現場部門やシステム部門の方々と要件調整・仕様決定を行っています。チーム内ではマネジメントや各種レビューを担当し、要件・仕様をチームメンバーに伝えたり、チームメンバーが抱えている問題・課題を解消するため施策を打ったり、お客様と調整したり、などを行っています。

政府系金融機関を担当する部署の部長として、組織を動かしています。現在、大規模なシステム開発が進行しており、プロジェクトのマネージメントも行っており、時にはエンジニアとして、自ら設計を行うこともあります。

これまでの経験でターニングポイントとなった仕事を教えてください

入社11年目、初めて中国へ出張し、南京に2ヶ月間駐在して開発サポートを任された案件です。初めてのオフショア開発、初めての海外出張、初めての中国生活と、初めてづくしの案件でした。現地スタッフ80人に対して、対応する社員は私を含めて2名。スムーズにコミュニケーションを取れるのは一握りだけ。初めは言葉や気持ちの壁を感じ大変でしたが、徐々に一体感が生まれ、プロジェクトも大成功を収めることができました。それ以降は一歩踏み込んだコミュニケーションを取ることや相手に刺さる工夫を心がけ、一体感を大事にしています。そのおかげでお客さまやチームメンバーから信頼を得ることができていると思います。

入社5年目のときに担当していたプロジェクトの打合せで、お客様に「我々の金融業務の本質を全然理解できていない。」と言われてしまったことがあります。自分なりに金融知識は身につけていたつもりだったのでショックも大きく、それから金融業務の本質を理解するために、金融工学やファイナンスに関する専門書を読みながら必死で勉強しました。また、お客様も私をすぐには見放さず「当社の新人教育資料を送るので、一から勉強し直して来てください。」と金融業務を学び直す機会を与えて戴き、その後は徐々にお客様から信頼を頂けるようになりました。

エンジニアを目指す学生さんにメッセージをお願いします。

今やITを利用しない業界は無いと言えるほど、エンジニアの仕事は無数の業界と繋がりを持っています。また、エンジニアの業務もプログラミングだけでなく様々な役割があり、技術も日々進歩しており新しい職種も増え続けています。エンジニアの仕事には無限の可能性が広がっていますので、是非自分にピッタリな仕事に巡り合い素晴らしいキャリアを歩んでいただければと思います。

エンジニアとしてのキャリアは自分自身の行動・結果・成果の積み重ねによって作られるものだと思います。常に「新しいことを吸収し続ける向上心を持った人」や「色々な業種の人たちと一緒に仕事をしたい人」など、ぜひ当社でエンジニアを目指してみませんか。