人材育成制度

優れた技術力とチームワークで高品質な付加価値のあるサービスをもってお客様に貢献していくことを目的として、社員育成に力を入れています。
「プロフェッショナルとして自ら成長し続けられる人材」の育成を目指します。
社員への期待と求める人材を『技術者標準キャリアモデル』として定義し、社員一人ひとりが掲げたキャリアプランに合わせて
様々な育成カリキュラムを用意しています。

技術者標準キャリアモデル/キャリアプラン

育成研修体系

プロフェッショナルになるためには、技術力、人間力、実践力をバランスよく高めていくことが大事です。
社員一人ひとりが自らの意思で、技術力、実践力、人間力をバランスよく高めるために、
開発技術、プロジェクトマネジメント、ヒューマンスキルの研修など社員のキャリア形成に合わせた様々な育成カリキュラムを用意しています。

新入社員、PG、SE/PM、管理職の「HUMAN」「Technology」「Practice」研修

新入社員研修

新入社員研修では、ビジネスマナーからIT知識の基礎、
開発の基礎(提案、設計からプログラミング、テスト、納品、評価一連のシステム構築の研修)まで広く深く研修を行います。
システムエンジニア全般に求められる基礎スキルを6ヶ月間のなかでしっかりと身につけ、
配属後のOJT研修で訓練することで、将来のキャリア形成の一歩としていきます。
IT知識を十分学んでこなかった学生もこの期間でシステムエンジニアとして必要なスキルを得ることができます。

内定式、入社式、配属までの新入社員研修